まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

「学ぶ」という習慣について

f:id:isso0130:20180712140958j:image

皆様こんにちは

いっしゃんでございます。

 

今日は自分なりの「学ぶ」ということについて

書いてみようと思います。

 

皆様、読書はされますか?

 

僕は以前は毎月5冊本を読むという、

コミットを自分に与えて

読んでいました。

最近は気になる本があれば読むに変わりましたね。

 

読書のイメージって

読書をすれば頭が良くなる

読書をしている人は賢そう

読書は苦手

とか、そんなイメージを持たれている方も

いらっしゃると思います。

 

最近読んだ記事の中に

読書×時間=学力について

興味深い結果が明らかになりました。

 

仙台市の例ですが読書週間と学力についての

仙台市独自の学習状況調査のデータ

(対象:小学5年生から中学3年生 3年間分)

を基に、読書週間と学力との関係性についての結果で

「よく読書をする子供の方が学力が高い」という

「読書×時間=学力」の結果だったみたいです。

 

ただ読書を長くすれば学力があがるかと言えば

そうではないみたいで

1日の読書時間が2時間を超えると、

少し成績が落ちる傾向にあり

また、1時間~2時間読書をする子供は

全くしない子供に比べると高い成績を上げるという

必ずしも大量の時間をかけたから

学力が上がる訳ではないと

いうことも言えるようです。

もう少し学力だけにズームしてみると

 

【1日に読書を全くしない子供】

1日2時間以上勉強をして

ようやく偏差値50を超えること。

 

 

【1日10分以上の読書をしている子供】

1日30分~2時間未満の勉強で

返済地で言えば読書を

全くしていない子供より高くなる。

 

 

 

 

 

この 調査から言えることは、

単に学力向上の為の勉強だけではなく

習慣的に読書を取り入れていくと

学力的には伸びるということをですね。

多分(笑)

 

一方でサラリーマンの方はどうでしょう?

少なからず僕の周りを見渡す限りでは、

読書週間がある方はかなり少ないと思います。

 

本はその時、もしくは未来に自分が求めていることを

著者がお金×時間を使って得た体験を言語化

購入可能な金額で届けてくれるコンテンツだと思います。

 

時間がない、お金がない、なんでなんだろう ets...

色んなことを理由に迷いから抜け出せない人を

よく見かけます。

けど、一方で

お金持ちにはなりたい,

出世したい、

ああいう人になりたい ets...

 

残念ながら、その知識、教養や、

やり方は誰も教えてくれません

学校も全部は教えてくれません。

会社も全部は教えてくれません。

 

だから自分でその情報を取りに行くことが

必要なんだと思います。

 

サラリーマンになると与えられることを

やる作業から入ります。

その与えられる作業から抜け出せることができて、

出世していく人や起業していく人は一握りです。

では何故、そうなるかと言うと、冒頭でお話しした

読書×時間=学力のように、得る情報のプラスαが

読書×時間=人間力を高める一つの方法でもあると

思います

 読むことが苦手の方は、

今はオーディブック 聴く本がありますので

 

「学び」

生まれた時から死ぬまでに

不可欠な習慣として

自分の中に大切にしたいものだと思う今日この頃です。

 

 

読むことが苦手な方は、

今はオーディブック 聴く本がありますので

通勤時間や何かをしながらとか便利ですよ。