まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

熱中症で死亡、、大人は熱中症を甘く見ていないか?

皆様こんにちは

いっしゃんでございます。

 

連休前から色々とリーマン稼業と家族イベントで忙しく

ブログ更新が5日間も出来ていなくて反省中です、、

 

また今日から日々更新していきたいと思います。

 

さて今日は熱中症における

「判断」「処置」「予防」について書きたいと

思います。

 

つい先日小学一年生の男児熱中症により亡くなると

いう痛ましい事故がおきました。

 

当時の状況

9:00に気温が30度を超え

11:00に33・4度、

12:00には34・8度を観測

 

校外学習の一環で約1キロ離れた和合公園へ歩いて出発。

 

虫捕りや遊具を使った遊びをした後、

11:30頃、学校へ戻った。

11:50頃、担任の女性教諭が男子児童の唇の色の

異変に気づき、児童は間もなく意識を失ったという。

 

学校の環境

教室にエアコンはない

扇風機が設置されており、戻った際も動かしていた。

 

学校側の対応

児童たちには水筒持参で、こまめに飲むよう指示。

児童に持病はない。

出発前の健康確認では異常を訴えていなかった。

 

公園に向かっている途中から「疲れた」と話し、

ほかの児童からも遅れ気味になっていて、

教諭が手を引いて歩いて学校に戻った。

 

学校側の見解

校外学習は虫捕りを目的に毎年夏に実施していた。

出発前に学校が測定した校内の敷地の気温は32度。

最高気温35度以上が予想される高温注意情報

気象庁から出されていたことも学校は把握していた。

記者会見で校長は

「これまで校外学習では大きな問題は起きておらず、

気温は高かったが中止するという判断はできなかった。

結果として判断が甘かったと痛感している」と釈明。

 

また今回の校外学習では、ほかにも3人の女子児童が

体調不良を訴え、1人は保護者と一緒に早退した。

 

まずここで判断基準となるのが、

学校側が気象庁から出された「高温注意情報」という

ニュースで見ているか、もしくは聞いたことの

ある言葉です。

 

 

この高温注意情報というのは何か?

 

全国の都道府県で

対象期間: 毎年4月第四水曜日から10月第四水曜日

算出方法: 翌日又は当日の最高気温が概ね35℃以上

部の地域では35℃以外を用いることもあります。)

になることが予想される場合に「高温注意情報」を

発表し、熱中症への注意を呼びかけます。

 

また、

前日17:00過ぎに地方単位の情報

当日5:00過ぎから17時頃まで府県単位の情報を発表します。主な地点の気温予測グラフ(気象庁HP)にもあわせて掲載されています。

 

 

【判断】

今回は学校側がこの「高温注意情報」を把握していたにも関わらず例年大きな問題が起きなかったため、行事を遂行したところに、本来なら子供たちを守る立場のある

学校側のリスクヘッジがなされていなかった点は大きい。

 

【対処】

この亡くなった児童以外にも数名の体調不良者が

いるにも関わらず、亡くなった児童においても手を引いて

1kmの道のりを帰っていったことにも、対処の仕方に

問題があるように思います。

本来であれば、数名体調不良者がいる時点で、亡くなった児童含め、日陰で待機させて学校側から車を出して迎えにきて、対処しておけば、また状況は変わったと思います。

 

また、学校職員も熱中症に関する

「判断」「対処」「予防」

実践レベルでのガイドラインの作成

共通認識の確認

地球環境に合わせた知識のアップデート(毎年)

などの経験値よりも基礎的レベルを上げることが

重要ではないかと思います。

 

その他、

地球温暖化がどれくらいの推移で進んでいるか

なぜ全国的な小中学校におけるエアコンの普及率が

低いのか、など、熱中症の背景には様々な問題があります

 

僕らが今立っている地球や、置かれている環境の

課題や問題点に対して、一人一人が

どう「判断」「対処」「予防」を行っていくことが

この哀しい事故を減らす、大人たちの役割の一つでは

ないかと思います。