まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

地域の草問題

 

皆様こんいちは

いっしゃんでございます。

 

皆様の地域でもクリーンデイとか清掃の日とか

あると思いますが

僕らが住んでる「ほどよい田舎」

それはもう草木が元気で大変です。

 

ちなみに昨日が地域のクリーンデイだったのですが、

幸いにも台風の影響で猛暑とまではいかないものの

やはり草刈りをやっていると暑いしキツい!

 

僕らが住んでいる「ほどよい田舎」の集落は10世帯ほどの小さな集落なので草刈りに来る人も各世帯から

1人、合計10人も来ていればいい方です。

それなのに、家と家は少し離れているので

草刈りや清掃するエリアは結構広いです!

 

それにもう一つ問題が・・

10世帯ある中でも、40代の世帯は2世帯、

ほとんどは高齢者世帯になります。

 

そうなると、どうしても元気な体力のある

40代にウエイトがかかるんですよね。

 

県の所有地であったりするところが無法地帯になって

いても、こちらがアクション起こさないと動いてくれないし、その影響で台風時は電線が遮断されたり、見通しが

悪くなったり、僕らの近くではイノシシの通り道に

なったり、色々問題が起きます。

 

よく見かける公園も草が生い茂ってること

よくありませんか?

 

www.nishinippon.co.jp

色々と課題や問題点があるみたいですが、

せっかく税金やそのほかの予算を費やして、作っても

その後の管理次第では負の遺産になってしまうことを

考えると、作る前から維持管理をどうしていくのか

明日の子供たちへどう残していくのか

大体草むしりしている人はどちらかというと

シニアの方々が多いですよね。

それは仕事を引退しているからとか

時間の余裕の問題とかではなく、

現代社会が生み出す気持ちの余裕の無さ、

他人との関わりの無さ、

僕らも含めてなんですが

どこか他人事みたいな部分ってあるように思います。

 

けど自分たちが子供たちを公園で遊ばせるときは

不満を抱く。

 

やはり社会をより良いものにしていくには

今、目に飛び込んでくるシニアの方々の草を刈る、

ゴミを拾う後ろ姿に、一人一人のアクションの

大切さや尊さみたいなものも感じるような気がします。

 

まずは地域貢献とかそんな大そうなものじゃなくて

身近なところ、小さなことから

1日1つ社会にGIVEすること

心掛けると少し明日が変わるかも知れないなと

思った草刈り日でした。

f:id:isso0130:20180730132709j:plain