まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

会社を辞めて困る人 困らない人

皆様如何お過ごしでしょうか?

いっしゃんでございます。

 

先月1人会社を辞めました。

 

仕事的に辞めたら困る人、困らない人

 

あなたならどっちになりたいですか?

 

おそらく辞めたら困る人になりたい方が多いと思います。

 

そう思う理由は

・役に立ってると思われたい

・仕事の処理能力が高い

・認めてもらいたい

・辞めても何も思われない人にはなりたくない

など・・・

 

自己評価が高いことがうかがえます。

 

では辞めても困らない人を一般的に見たとき

 

・役に立っていなかった

・仕事の処理能力が低い

・コミュニケーション能力が低い

など・・・

 

能力の低さがそう思わせる大きな要因になり得ている。

 

会社組織で考えた場合、どちらも困りますよね。

 

辞めては困る人=会社にとって損失(リスク)が高い

辞めても困らない人=会社にとって利益が低い

 

これは会社における「仕事」と「人」についての

関係性を見ると面白いと思います。

 

「人」に「仕事」をつけるやり方

なんでもやれるカリスマ(出来る人)を生むか

それに比べてあまり出来ない人を生むか

 

 

もう一方で

 

「仕事」に「人」をつけるやり方

細分化することで、個別のパフォーマンスは上がるので

能力の低い人でも狭く深く掘り下げることで上達する。

 

今の若い人は覇気がない

 

今の若い人は貪欲さがない

 

今の若い人はパフォーマンスが低い

 

今の若い人はいい人(出来る人)がいない

 

こんな話をよく耳にする

確かに以前に比べると状況はそうかもしれない。

 

しかしそう思っていてもその人たちが変わる訳でも

出来る人がたくさん出てくる訳でもない。

 

 

辞めたら困る人=出来る人

辞めても困らない人=出来ない人

 

辞めたら困る人=「人」に「仕事」をつける

辞めても困らない人=「仕事」に「人」をつける

 

究極を言えば、

現在の会社の仕組みが、「人」に「仕事」を

つけている場合でも

その仕事を細分化し「仕事」に「人」を

つけるマネージメントをすることも可能だと思います。

 

自分がいなくても、業務がまわる環境を作ることで

自分の時間も増える

信頼も得られる

パフォーマンスも上がる

 

辞めたら困る人

辞めても困らない人

 

どんな人になるか

どんな組織にするか

どんな仕事をするか

 

今の仕事見つめなおしてみると

何かが変わるかも知れない。。