まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

人を不愉快にさせる ビジネスマナー こんな人にならないように心掛けるポイントは!

皆さま
如何お過ごしでしょうか?
イッシャーンでございます。


皆さま、親しき中にも礼儀あり
という言葉はご存知だと思いますが
これ、出来ない人たまにいませんか?


先日、取引先A社にお伺いしたときに
別な取引先B社の方もたまたま一緒になり
3人でお話をしていました。

f:id:isso0130:20181019081047p:plain

取引先A社 40歳男性👨
取引先B社 36歳男性👨
イッシャーン 45歳

利害関係上の立場は
A社→B社→イッシャーン

今回は3社に関係のある
商談内容だったので、場面としては
まとめてお話をすることが出来るので
よかったのですが
その商談中、B社の方が取る行動に
嫌悪感を覚えたのは、間違いのないことです。


ちなみに
3社の関係性は良好
ゴルフをしたり、お互い会社の内情も
話すくらい、フランクな関係

さて、B社の人は何をしたのか?


商談中にも関わらず、

携帯電話をマナーモードにしていなかった

これはウッカリもあるので

1度目の着信はいいとしましょう、



しかし、その後も・・・

2度、3度、4度

ましてや
Lineやメールの着信音も鳴る

それも、ものすごい音量と着信音


それだけならまだしも
断りものなく、普通に電話を取り
話している、

もうここまで来たら礼儀も
何もあったものではない


ではこの場合どうするのがベストか


〇商談であるということを認識した上で
 携帯電話をマナーモードに切り替えておく

f:id:isso0130:20181019085520p:plain

〇マナーモードにし忘れたのであれば
 着信がなった時点で「すいません」と
 言った後で、マナーに切り替える、や
 緊急の場合などは、断りを入れて
 電話に出るといった
 行動を取るのがベストである

この場合の大事なポイント!

時と場合により、対談モードを切り替える


この時に大事なのは、

親しき中にも礼儀 

である。


慣れ合いすぎた関係においては
気をつけるべき大事な点の一つではないかと思う。


これは

社内においても
家族においても
友人においても
同じことが言えると思います



人を不快にさせて良いことは1つもない

人を愉快にさせて良いことはたくさんある

伝え方もまた一つ

マイクロソフトの澤円さん
個人的にすごく好きな方で
声も、表現力も考え方も
ビジネスにおいても
人間的にも
魅力的な方だなと思います。



若手が活躍できる会社を集めました!