まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

感じの悪い人 会社 対処法

皆さま
如何お過ごしでしょうか?
イッシャーンでございます。


感じの悪い人

感じの悪い会社

f:id:isso0130:20181029093720p:plain


この”感じの悪い”と
どう向き合えばいいかについてお話しします。



皆さんの周りにもいませんか?
感じの悪い人



まず
ビジネスにおける感じの悪い人の定義

〇立場で人を見て話す人

 →名刺交換をして、自分よりも役職が
 下だった場合、上から目線で話す


〇年齢で判断して話す人

 →見るからに自分より若いと感じると
 これまた上から目線で話す。


〇ビジネス上の立場で話す人

 →仕事を供給する側が元請
 仕事を受注する側が下請け
 この構図をそのまま商談上に持ち込む人


〇人相が悪い、口が悪い、自分が正しいと
 思い込んでいる人

 →人を不快にさせる人

では
感じの悪い会社の定義

〇雰囲気が暗い

 → 訪問したときに、全体的に暗い感じの会社


〇絶対的上司がいる

 → 社内に、人望はないけど、厳しさ一本でやっていて
   他の社員が顔色伺いながら仕事をしている会社

〇訪問者に対して最後まで礼を尽くせていない会社

 → 商談後、見送られる際の礼儀がない会社

ここで言ったのは当然じゃないかと
思われる人もいると思いますが、
ここで言っているのは、

どんな役職でも
どんなに若くても
どんな立場でも

そんなのは関係ないと個人的には思っています。

ビジネスは
どちらが上で
どちらが下を
お金の流れで決める傾向にあると思います。

お金を払う=上
お金をもらう=下

確かにお金を払う側はお客様

これは企業間も個人間も同じです。

しかし、

需要と供給でみると


お金を払う側
 → 欲しいものや労働力を提供してもらえる


お金をもらう側
 → 欲しいものや労働力を提供する



あくまでお金は対価として社会的なルール上
払わなくてはならないものに過ぎず
ビジネスにおいては
自分たちの商品やサービスを
評価する場であると思います。



いいものであれば需要は増え、
結果的にお金も増える


悪いものであれば需要は無くなり
結果的にお金も増えない


人にも同じようなことが言える


やはり商品を買うにも、
サービスを受けるときでも
良い人から買いたい、受けたい

わざわざ感じの悪い人から受けたくありません

ビジネスにおいても

お金を払ってやっている
仕事をくれてやっている

そんなビジネス何か楽しいですか?

【公式】第二新卒エージェントneo

良い人か
悪い人か



良い会社か
悪い会社か

この判断は、
不快にさせるか、させないか

ここだけのような気がする。