まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

【実録 続・貧乏家族】第45話 貧乏家族を食い物にする ヤクザオヤジとその仲間たち

貧乏家族母が僕ら子供に
またお金を要求してきたことに
怪しさを感じた僕は
そうなっている原因を母に追求し
原因を究明した。
そこに現れたのは、あのヤクザオヤジだ



ヤクザオヤジは父の失踪中は
1度、田舎暮らしの長屋アパートに来たとき
以来だったため、僕はすっかり
縁が切れていたのだと思っていたが
詳しく聞くと、そんなにすぐ早々返せるお金でも
なかったため、父は敗者復活を遂げてからも
少しずつ返済をしていた模様だ。

▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

この新しいアパートに引っ越す前に
父が住んでいた長屋に、闇金の取り立て事件が
あってから随分時が過ぎていたので
その部分はてっきり返済が終わっていたかと
思っていたが、それは考えが甘かったようだ

f:id:isso0130:20181122101420p:plain

確かに一度は返済は終わらせたものの、
その後も、父の仕事は浮き沈みが激しく
安定しない日々を送っていた。



当然そうなると生活費や、
自殺未遂によって入院してた弟の面倒も
その前に知人から借りたお金など
母は大変な資金繰りを強いられていた


ここで少し自殺未遂をした弟のことを話そう


弟はイジメが原因で授業中に校舎から飛び降り
一命は取り留めたものの
両足、複雑骨折の重傷を負い
数年、近くの病院に入院していた

その後、田舎町で新聞配達をしていた
業者に住み込みで働くようになり、
なんとかギリギリの生活をしていたのだ。

それでも足りない時は
母にお願いをしていたみたいだが
当時、父はそんな余裕もなかった為
母が少し援助していたみたいだ。


おそらく、僕や妹が送金したお金も
多少流れていたのだろう


しかし、本丸は違っていた


あまりにも頻繁に催促してくるので
突き詰めて話をしたところ

なんと、また闇金から母が勝手に借りていたのだ

▼成功する自己破産

要因の一つとなっているのが
父の仕事がうまくいっていないことにより
お金が家庭に流れておらず
その補てんをすべく母が闇金に手を出してしまったのだ


闇金もそんな母は格好の獲物だったのだろう


弱みに漬け込み、やさしい言葉をかけ、
少しずつ増額していく。

返済は借りた額の1割を毎日返済していく
方式で、その1つの闇金金利分を
取りっパグレしないように、また次の闇金
紹介するという連携をとり、
元金は減らずに金利分だけを
いくつもの闇金業者に返すような
そんなやり方で追い詰めていった。

そのことはまだ父はわかっていないとの
ことだったが、バレるのも時間の問題だった


つづく......


次回の
【実録 続・貧乏家族】第46話
止まない電話と嫌がらせ
マヨネーズで描かれたヤクザアート
を、お送りします。
▼妥協なき過払請求