まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

【実録 続・貧乏家族】第47話 ラットレースの敗者決定

闇金グループの卑劣な取り立てに
貧乏家族は揺れていた


毎日のことに、さすがの父も
参っている様子ではあったが、
参っていたのは父だけではない

f:id:isso0130:20181203115151p:plain

僕も同じだ。


当時、父は夜逃げ以降、事業が失敗し
普通の金融機関からはお金が借りられる
状況ではなかったので、知人や身内
またはヤクザオヤジか闇金といった
ところからお金を借りるしかなかった。


今考えてみると安易なことをしたと思ったが
お金に困窮していた父はまたしてもヤクザオヤジの
悪だくみにまんまと引っかかることになった



ヤクザオヤジの提案で、
ものを購入する代わりに、その価値の分の
現金を渡す約束をされた父はその陰謀に
まんまと引っかかった上、その保証人として
僕になってほしいと言ってきたのだ。


僕は正直、保証人など身内でもなったら
よくないと父たちからも教えられてきて
なんで今、そう教育してきた父から
保証人の提案を受けているのか
よくわからなかったが、そのお金を
僕は用意することも、
この問題を解決することも
出来ない自分にはそうするしかないと
当時の僕は思ったのだと思うが
ついサインをしてしまった。

それから間もなく案の定、父は払えず
僕の財政は火の車になった。

▼債務整理の専門!

それから間もなくのことだ


そのラットレースの敗者が
まさかの貧乏家族長男、僕となってしまったのだ。


首が回らなくなった僕は、弁護士に相談し
民事再生手続きを取ることになった。


人生は終わったと思ったが
担当弁護士がすごくいい人で
この手続きに関してのメリット、デメリット
社会的信用にかかわる今後の動向も
詳しくレクチャーしてくたおかげで
僕は少し気持ちが楽になった気がした

▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

勿論、そのことは父や母は知らない


そんな中でも、相変わらずお金を要求されると
いくら親でも悲しい気持ちになっていった。


自分自身、何をやっているのだろうと
自暴自棄に陥ることもあった。


その頃、闇金からの取り立てに
疲弊しきっていた家族にも限界がきていた


僕は父と母に弁護士に相談することを進めた


事前に僕は弁護士に電話で相談していたので
弁護士にお願いすれば、違法な取り立ても
止まると言われたので
父に母を弁護士事務所まで連れてくるように
頼んで、僕と一緒に弁護士に事情を説明しにいった

▼極限の債務整理!

弁護士はその場で、闇金に連絡をしてくれて
すぐに取り立ては止んだ。

謝礼もあまり出来ないことは
僕ら家族を見て察したのか
わずかな気持ちだけの弁護料でおさめてくれた。


本当に感謝という言葉だけでは
言い表せないほど、恩を感じた。


母たちもホッとして
またいつもの生活へ戻った


しかし.......



次回の
【実録 続・貧乏家族】第48話
繰り返される貧乏ループ
抜け出せるのか貧乏家族
を、お送りします。