まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

失われるスピードと再生するスピード

大規模火災で多大な被害を受けた
ノートルダム大聖堂

パリ市民はもとより
世界中が哀しみに包まれた

www.bbc.com


昔から諸行無常という言葉があるように
絶えず変化し続け,決して永遠のものではないということ



しかし、これだけの歴史的建造物を
再生させようと思うと
数十年の時間と膨大な労力を要する


ノートルダム大聖堂
長い期間をかけて建造され
その後、数百年維持されてきたものが
一夜にして崩れてしまった


失われるスピードは計り知れないほど早いが
再生するスピードは計り知れないほど遅い


これは建造物やモノ以外でも言えることだ


会社や人においても崩れる時のスピードは速い
一方で再生するスピードは遅い


そこにある当たり前のものが
あたり前でなくなる時
人はその尊さに気付き
様々な考えを巡らす