まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

100円で出来ることを考える

何か人にしてあげれること
GIVEすることを考えたとき



お金があったらする人
時間があったらする人



つまり経済的にも
精神的にも余裕がある人がすることの
ような、そんな感覚でいる人が多い


確かにお金があれば
してあげれること
与えてあげれること
の幅は広がるが
それはその人の価値観に過ぎない

f:id:isso0130:20190513093325p:plain

その前に、仮にたくさんのお金を
保有していたとしても
生き方の中に「GIVE」するという
考えたがない場合、
結果的にはいくらお金を持っていようが
それは自分のためだけにしか
使わないものになってしまう。


人は社会生活、私生活においても
知らぬ間に色んなサービスを受けている


それが有料であるものや
無料であるもの
善意であるもの


お金を払って得るサービスは
可視化しやすいのでわかりやすい


無料のサービスも無料と可視化されている
ことで無料という枠組みの中で
人の満足度を刺激する


一番わかりにくいものが
善意で行われているものだ



無料と善意は何が違うのか



無料の裏側ではお金を吸収している
部分があること


善意の部分は全て自分が行っている
ということになる


個人で行う募金などがいい例だろう


○○の為の募金


そのお金を行方を募金した人が
確認することは出来ないが
個人のお金を投入し
その先の価値に投資するという
そこまで深くは考えないが
善意が大きく関係しているようにも思える


食べなくていいものを食べたり
買わなくていいものを買ったり
結局は自分しか満足させていない


600円ランチ代にかかるとしたら
きっとお金のない時は500円で
食べているはず

その100円の差分を
余裕があるときない時ではなく
自分の持つ100円でも出来ること

そこを少しでも意識出来ると
もっと近くにいる人たちに
なにか届けられるような気がする。