まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

太宰府の「ほどよい田舎暮らし」の勧め 其の①

皆様いかがお過ごしですか?

いっしゃんでございます。

 

梅雨も梅雨らしからぬ中であと半月もすれば

本格的な夏ですね~

だんだん蒸し暑い日が多くなりましたが

うちは街の中に比べると少し涼しいです。

なぜかというと、田舎で暮らしているからです。

街の中と比べると2~3度は気温が低いですね。

快適です!

 

ということで今日は田舎暮らしについてお話ししようと思います。

 

皆さんは田舎暮らしについてどう思われますか?

田舎暮らし憧れるな~

空気や水が綺麗そうだな~

いいだろうけど色々不便そうだな~

田舎では暮らしたくないな~

ets・・・

想像することも、また田舎で育った方も

色々と田舎のイメージがあると思います。

 

僕ら夫婦もこの土地に家を建てるまで

色々な不安や想像を膨らませながら

もう4年が経とうとしております。

今はどうかと申しますと、

家族みんなこの家が大好きで、

この地域が大好きで

毎日楽しく色んなことを発見しながら

過ごしています。

 

何故不便さや不安を解消して、

毎日楽しく快適に過ごせているのかというと

皆さんが想像している田舎暮らしではなく

「ほどよい田舎暮らし」

選んだからです。

 

「ほどよい田舎暮らし」の個人的な定義

①住居の周りは自然であふれている

②車を少し走らせれば街がある

③少し移動すればコンビニ・病院・スーパーがある

⓸通信機器は普通に繋がる

 

今、私が住んでるのは九州の福岡県太宰府です。

名所で言えば太宰府天満宮九州国立博物館ですね。

毎年700万人くらいの観光客が訪れる

光都市でもありますが

私の家の周りは見渡す限りの山ばかりで、

観光客はほとんど見かけません。

これだけ聞くと結構な田舎や集落と

言われるような風景をイメージされるでしょうが

福岡市内まで車で30~40分程度の

アクセスの場所にあります。

海に行くまでも1時間圏内

 

福岡県はどちらかというと車社会ですので、

通勤時間30分程度のアクセス環境地は

住居エリアとしてはすごく人気があります。

それになっといっても都心、街中に比べると土地が安い!

 

ちなみに私の育ちは周り田んぼの

超田舎暮らし(学生時代まで)

妻は福岡市内の町中暮らし。

(生まれたからずっと)

 

今、よく耳にするのが、田舎暮らしや

古民家暮らしと言われるものですが

都心や町の中に住んでいると憧れる人多いですよね~

空気がキレイで水がキレイでのどかな

雰囲気を思われる方がほとんどだと思いますが

実際、今現在都心や町の中で生活していると

当たり前に歩いていける距離にあるものが

実際はほとんどない・・・ 

(地域によるとは思いますが)という現実があります。

おそらく簡単に連想出来る例えを出すとすれば

 

○あー喉乾いたけど冷蔵庫に飲み物がない

 =自動販売機=近くにない

 

○ちょっと必要なものがあるから買いに行こう

 =コンビニ=歩いていく距離にない

 

○買い物行こう=スーパーマーケット

 =あるけど車は必須

 

○急に体調が悪くなった

=病院=あるけどすぐ行けるような(緊急)場所にない

 ets・・・

 

というように、便利な都心、町中に住んでいると

当たり前のものがないのが現状。

だから田舎は静かなんですよね。

騒がしい田舎は想像できませんよね。

 

あと多いのが虫!虫いますよー!

都心や町中ではあまり見ないような虫が

たくさんいます。

おまけにうちの近くは鳥獣保護区

なっておりますので、たまにイノシシが

夜中出てるみたいです(+o+)

 

このようなことを書き連ねると田舎暮らしが

大変なものに感じるかもしれませんが

大変なのではなく、

通常ある便利さを工夫することで、

不便さを解消して自然の中で暮らす快適さを

手に入れればいいんです。

以外に簡単なことです。

 

【解消する方法】

自動販売機とコンビニの不便さ

行動:基本的に1週間1度の買い物で

1週間の食料調達をする。

飲料水もスーパーの方が安い

利点:余分なものを買わない

=かなり経済的週の途中で何か買い足したい

利点:移動販売が家に来る 

http://www.tokushimaru.jp/

家にスーパーマーケットが自宅近くまで

来るというほどよい田舎ならではのサービス

 

病院の不便さ

行動:近所の人、インターネット等で調べると

  きっとあります。

  実際に太宰府には赤ひげ先生みたいな夜中でも

  良心的に見ていただける病院

(子供から大人まで)があります。

 

利点:一般的な総合病院と違って緊急な対応や

   その後の経過観察に親身的。

   もしもの緊急時、重大な病気の疑いがある場合

   これはどんな場所にいても救急車が

   ありますので、よほど離島とか受け入れ先

   病院がない田舎であれば、不安は募ると

   思いますけど、街に車で1時間以内の

   ほどよい田舎であれば問題ないです。

 

これは大人はどうかわかりませんが

子供たちは興味津々です。

利点:生き物に触れるという意味では

子供たちの教育には最適な環境。

 

今日は4年間「ほどよい田舎暮らし」を

経験してみて感じたことを少しだけ書いてみました。

僕らが住んでいる太宰府以外にも、

「ほどよい田舎暮らし」が可能な地域は

たくさんあると思います。

 

うちはちなみに家を建てた年に第一子が生まれて

翌々年に第二子が生まれました。

本当にここでよかったなと子供たちと

ダンゴ虫を触りながら赤とんぼを

眺めながら思います。

 

これから子育てをされる方、

ライフスタイルを見直されたい方、

僕はお勧めしますよ「ほどよい田舎暮らし」

今はインターネットは街中でやらなくても出来ます。

もっともっと田舎も便利になっていくと思います。

 

ただ変わらない山や川や空気はそこにあります。

 

長いようで短い人生、何か大切なものが

みつかるかもしれませんよ

「ほどよい田舎暮らし」

 

少し長くなりましたが、

最後に「ほどよい田舎暮らし」の風景が少しでも

伝わるようにご紹介して終わりにしたいと思います。

「春」・・・梅がとてもキレイです。

     (太宰府は梅の名所)

      f:id:isso0130:20180626154426p:plain

 朝、珍しい野鳥のさえずりが聞こえてる。

  朝、玄関を出ると野菜が置いてある

  (近所の農家さんのおっそわけ)

近くでタケノコつくしわらびが取れる

 

「夏」・・・街中に比べると気温が2度ほど低い

      

     f:id:isso0130:20180507132511j:plain


   夕日がとてもキレイ

 夕方の涼しくなる時間にのどかな近所を

 散歩すると気持ちいい

 

「秋」・・・赤とんぼが飛んでキレイ。

      中秋の名月はまさに芸術

    

     f:id:isso0130:20180626154814p:plain

「冬」・・・空気が澄んでいて、星空がキレイ

    雪山を見ながら過ごせる。自然がアートになる。

      

     f:id:isso0130:20180626154927p:plain

     

     f:id:isso0130:20180626155053p:plain