まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

人材不足で需要拡大のはずの人材派遣業界 なぜ儲からないのか

昨今、人材不足と言われる中で
需要が拡大している人材業界


その中、リーマンである
僕が在籍しているグループ内にも
派遣会社がある。


この派遣会社は物流倉庫関連に
人材を派遣している。


時給で行くと最低賃金より
100~150円プラスしたぐらいの
一般的なブルーカラーの職種がメインの
派遣形態になる。


現実問題、人材不足により
需要は増えているのの
供給する人材が不足しているため
ビジネスとしては非常に厳しいのが現状だ。


もう一つ収益を圧迫しているのが
求人媒体への広告費用。

費用対効果も悪く
中々人材が集まらず、
集まっても実際には3年続ける人は珍しい



【では需要が拡大しているのに
 なぜ儲からないのか??】


リアルなところで言うと

①人材が集まりにくい
②広告の費用対効果が悪い
③特別なスキルがなくても働ける案件を
 主体に行っている為、派遣会社が手を出しやすい
 結果的にブルーオーシャンになる
⓸時給が高い方へ人材が流れていく

大きく分けるとこの4つにある。


では実際に当社の例でいうと
どういう人材が求職者として多いのか


①就職が決まっている人
(就職までの期間の就業)
②就職活動中の人
 (中途で就活中の方)
③副業・ダブルワーク
⓸学生
⑤高齢
外国人労働者
⑦フリーター


の順番です。


一方で
実際に取引先が必要としている人材は・・

①フリーター
②ダブルワーク
外国人労働者
⓸就職活動中の人
⑤高齢者
⓺学生
⑦就職が決まっている人


の順番です。



ここでわかるように、
需要(取引先)と供給(派遣に登録する人)
が、全く釣り合っていないのが現状


それに加えて、
人材派遣料金を各社値上げしている現状に
供給先である派遣元(取引先)が
メリットを感じなくなり
その金額を派遣会社に払うくらいなら
自社雇用である程度離職率を下げれる
効果的な給料形態にできると動き始めている。

f:id:isso0130:20181107135655p:plain


では実際今後人材派遣業界は儲かるのか?


儲かるか

儲からないか


で言うと


今のところでは儲からないですね。


というより業界的に淘汰させていくでしょう。


3年ルールをもとに、2018年問題で

一定の割合で、廃業したり、身売りしたり

撤退したり、合併したり

生き残りをかけて、業界再編の動きも激しい。



まさに食うか食われるかの
レッドオーシャン

ただし、オーシャンの中にも
ブルーオーシャンも必ず存在する



人材派遣の市場規模(2017年1月)
5.4兆円のビッグマーケット


自分たちが生き残る為にも
必要な舵取りは
もうそこまで迫っている


年賀状はもうお済ですか?
小さいお子さんがいる家族は
写真付きにするところが多いと
思いますが、高いから迷いますよね
ここは送料+宛名印刷無料
覗いてみてください
☟ ☟ ☟ ☟ ☟