まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

【実録 極・貧乏家族】第26話 貧乏家族長男の音楽と青春の光

無事に追試を合格し
進級を果たすことが出来るように
なった貧乏家族長男とバンドボーカルに
新たな夢の挑戦が待っていた。


バンド活動も順調にいっていたころ
進級も決まり、将来についての
方向性を周りは騒ぎ出してた。



もちろん、貧乏家族長男も
バンドのメンバーも同じだった。



自分自身は音楽を続けていきたいと
いう思いが強かったため、就職や進学が
全くと言っていいほど頭になかったが
メンバーは違っていた。



確かにバンドは楽しいが、それで
お金が稼げるとか、生活をしていく
と、いうように想像が出来なかったし
こんな小さな田舎町の知名度のない
バンドで有名になろうなんて
これっぽっちも思っていなかったからだ。



そんな時、行きつけのスタジオに
一枚の張り紙が目についた


それは当時バンドブーム真っ只中で
TBSで放送されていた
平成名物TV いかす!!バンド天国
(通称・イカ天)が流行っていた頃
NHK版のイカ天でもある



NHK全国勝ち抜きロック選手権
 BSヤングバトル』という
バンドのコンテストの開催案内だった。
f:id:isso0130:20181211082116p:plain


エントリーは年齢的にもクリアしていたが
オリジナル曲のみの応募に限るとの
ことだった。



当時はBOOOWYなどのコピーバントとして
活動していたので、オリジナル曲はなかった。



応募してみようと言ったが
オリジナル曲もないし
作ったこともないので
メンバーたちは無理と諦めていたが
僕は、なんとなく挑戦してみたくなった。



それから、貧乏家族長男の初作曲作りが
スタートした。



全てのパートを自分ひとりで作るつもりだった
ので、それは大変な作業だった。



夜な夜な作曲活動に明け暮れてはいたが
そんなに甘いものじゃなかった。


中々いい曲が出来なかったからだ。


エントリー締め切りまで
あまり時間もない中で、
気付いては夜中でもギター持ち
弾いたり、とにかく没頭した。


そんなある日、待望の
オリジナル曲が完成したのだ。


初の作詞、作曲、ドラムやベースなどは
イメージはあったので、
メンバーにはカセットで
ギターと歌の入った録音したテープを
渡し、各パートを考えてきてもらった。


いよいよオリジナル曲を
メンバー全員で初演奏することになる
刺激的な瞬間だった。


思っていた以上の出来に
思わず、心の奥が熱くなったのを憶えている。


細かいところを修正しながら、
段々曲に一体感が生まれ
いい曲に仕上がったきた。


メンバーもうれしそうに
貧乏家族長男が初めて作った
オリジナル曲を楽しそうに
演奏していた。


そこで決断した!


よし『NHKヤングバトル』に応募しよう


メンバーにそのことを伝え
メンバーもみんな乗り気だった。


ヤングバトルにエントリーするには
カセットテープかビデオテープを
主催者側に送って、その審査を通過した
バンドが福岡で行われる予選会に
出場できるというものだった。


テープによる録音はラジカセで
試したが、やはり音質が悪く
メンバーにビデオカメラをもって
いた人がいたので、
ビデオカメラで録画して
応募することにした。


実際練習を重ねて
録画当日


勢いよさも伝わるように
ライブ感覚で
1発で撮ろうと決めていたので
みんな気持ちよく
初オリジナル曲を演奏してくれた。


無事収録を終え
最高のものが録れたと
バンドメンバー全員が納得した
演奏だった。

その夜はいつもの喫茶店
選考通過したらどうしようとか
他愛もない夢の話をして
最高の夜を過ごした。

mikiwame.hatenadiary.jp


少し前の話になるが
貧乏家族長男に突然の恋の告白の行方だが
何度か会ううちに徐々に
心がひかれるようになり
恋に落ち淡い青春の1ページとなった。

奇しくも同じころ
バンドメンバーボーカルも
その彼女と同じ学校の同級生と
恋に落ちダブルで同じ青春を味わうこととなった。


夜逃げ、兄弟の死、イジメ、家なき子
父の失踪、母のアル中事件などを経て
ようやく貧乏家族長男に音楽と青春の光が
射し始めた、そんな瞬間だった


つづく......


次回の
【実録 極・貧乏家族】第27話
衝撃の事件 
1本の電話から運命が変わる
を、お送りします。


【この時の自分へ言葉をかけるとしたら】

〇何か出来ると信じる気持ちは大切だ

〇挑戦はしただけではダメだ
 追求していくことを忘れてはならない

〇音楽も恋も青春を彩るには
 最高の体験だ




挑戦はやらないよりやったほうがいい
まずは無料で試せるものからやるのも
方法の1つだ。

<プログラミングを現役エンジニアから学べる>
今なら無料カウンセリング受けれます

☟ ☟ ☟ ☟ ☟
tech boostオンライン

<大学に通うのはもう古い>
自宅で最先端のIT技術、ビジネスが学べる
しかも、大卒資格も取得でき
今ならタブレットも貰えて
入学金0円
無料で資料請求できるので覗いてみては?

☟ ☟ ☟ ☟ ☟


<保険料高くないですか?>
自分の保険見直したことありますか?
意外と余分なものに
高いお金を払っているのが保険
来年からでも遅くない
今なら相談するだけなら0円
ムダなお金は有益なお金に回しましょう

☟ ☟ ☟ ☟ ☟