まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

あなたにとって「備え」とは何ですか?

先日、生命保険の更新を行った


ライフプランナーが担当してくれているので
「もしも」の時のために
経済的不安を解消するすために
自分の見えない未来の状況に
お金をかけて、リスクヘッジを行う


f:id:isso0130:20181107135526p:plain


人は一人の時よりも、家族を持つこと
家族が増えること、
また、会社を経営している人も
自分以外の人の事が心配にはなってくる



そんな時に、現れるのが
「保険」という「備え」だ


その「備え」でもある商品も
保険会社のビジネスコンテンツでしかない訳だが
5年前に加入した保険などは
今の時点では存在しない、というケースもよくある


実際に今回がそうだった。
但し、契約時のサービスはそのままだ。

安心の無料保険相談なら【保険ニュース】


時代背景もあると思うが
保険会社も、人に寄り添いながら
人間が社会生活で抱える「不安」に対し
「備え」という観点から商品を作り
ビジネスとして成り立たせている

しかし、一方で
盛んにヘッドハンティングされ
転職を試みるのも保険業界の1つの側面でもある


周りにも銀行などの金融関係からの転職
車のディーラーからの転職
など、転職組が多いのも印象が強い


そんな人たちを何人も見てきたが
そこまで保険会社に転職組が多い理由を
考えてみた


揃ってまず
①保険商品の素晴らしさ
②人の役に立てるということ
③頑張れば高い報酬が受け取られること


大きく分けるとこの3つの印象が強い


最初は志高く、
良い商品を
一人一人の生涯をデザインしていく
というところから始まり、
やがて、それだけでは契約に結びつかない
次の契約、そのまた次の契約と
③の高い報酬への焦りが
①と②の志の部分を奪っていき
最終的には③の行動が支配していく
パターンをよく見てきた。


少なからず、今の担当もそんなところだ。

保険のムダを徹底チェック【保険ニュース】


会社に行くと、部屋のあちらこちらに
歴代の凄腕プランナーの写真と
数々の賞が飾られている


その場所にいると
本音と建前の違和感すら憶えてしまう


これは、保険会社や保険に携わる人たちを
否定してるわけではない。


「備え」という切り口に
「不安」や「安心」を結びつけることで
キャリアを積み、称賛を得て、お金も得ることで
拡大し続けるビジネスに
人間の本質である「欲」をうまくコントロール
しているなと感心させられる。


国の社会保障に加え
個人での保険、どこまでやっても
心配には切りがない「備え」


あなたはどこまで考え抜きますか?