まだ迷ってるの?   mikiwame’s diary

後戻りの出来ない人生において付きまとう様々な「迷い」「悩み」と戦うISSHERNのブログ

やる気を奪うセリフを吐くおっさん VS 仕事量が多いと嘆く新社会人

 

ãvs ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

皆様如何お過ごしでしょうか?

いっしゃんでございます。

 

ソニー生命保険

新社会人1000人を対象に

インターネットで調査を行った結果が公開されていました

(社会人1年目と2年目の意識調査)

 

会社員の方なら経験あると思いますが

先輩社会人に言われて

やる気が奪われるセリフ

やる気に火がつくセリフ

ってあると思いますが

 

この調査では・・・

 

やる気が奪われるセリフ

1位 「この仕事向いてないんじゃない?」30.1%

2位 「ゆとり世代だなぁ」24.5%

3位 「私が若いころは〇〇だった」21.8%

 

やる気に火がつく、

落ち込んでいるときのセリフ

1位 「君がいてくれて助かった、ありがとう」45.7%

2位 「本当によく頑張った」29.5%

3位 「なんでも相談してね」27.6%

 

 まずこのやる気が奪われるセリフって

少し工夫することで伝わり方変わりませんか?

 

 

僕もマネージメントする立場ですが

完全に上から目線で

自分たちの栄光の日々を懐かしむ典型的な

オッサン達が言ってることなので

どうしようもない言葉のかけ方なんですが

これはその人を「否定する」ことから入ってますよね。

 

一方でやる気に火がつくセリフは

その人を「認める」ことから入っていますよね。

 

時代や世代、自分の価値観で人を判断したり

言語化してモチベーションを低下させても

何も生まれません。

 

あともう一つのアンケートで

社会人2年生に入社後のギャップについて

聞いたところ

1位「忙しい(仕事量が多い)」43.6%

2位「覚えることが多い(業務範囲が広い)」39.8%

3位「金銭的に余裕がない

  (社会人生活にお金がかかる)」26.4%

 

この中でも、すぐに辞めたい

思っている人に絞ってみると

1位「忙しい(仕事量が多い)」55.6%

2位「有給休暇が取得しづらい」36.8%

3位「サービス残業がある」34.6%

4位「研修が不十分」25.0%

 

例えばこの結果を先ほどのおっさん達に聞くと

 やる気が奪われるセリフに繋がるんでしょうね。

 

仕事量が多い→要領が悪いからだろ

覚えることが多い→俺たちの頃はもっと大変だった

 

ただ金銭的に余裕がないは仕方ないですね。

だって自分の労働力を売ってお金に変えて

そのお金を学生時代は自由に使えたが

自立して自分で生活していく上で経費が必要になる。

 

やる気が奪われるセリフを吐くオッサン

       VS

仕事量が多いと嘆く新社会人

 

この戦いに勝者も敗者もない。

 

やる気が奪われるセリフを吐くおっさん達は

まずは「認める」努力と「共にやる」気持ちを

 

仕事量が多いと嘆く新社会人は

 

ただただ毎日同じことを繰り返すのではなく

 

 繰り返される中で多動力を身に着ける努力をする

 

いつまでも同じ時間を要しているなら

 

それは他人のせいではなく、自分自身を

 

見つめなおし、仕事を楽しんでほしい。

 

やる気を奪うセリフを吐くオッサン

         VS

仕事量が多いと嘆く新社会人

 

まだまだ世界は広い

小さくまとまらず

是非「学び」への投資をお勧めする。